カリフラワーが食卓に並ぶ事は少ないという人が多いのではないでしょうか?よく似ている野菜にはブロッコリーがありますが、こちらはなじみがありますよね。

でも、カリフラワーは実はたくさん栄養を含んで様々な健康効果が期待できるのです。ここではカリフラワーの栄養と効果について解説します。

免疫力を高める

免疫力を高める栄養素というとなんといってもビタミンAです。しかし、ビタミンCにも免疫力をアップする作用があり、風邪を予防できるのです。カリフラワーにはビタミンCが入っています。また、蕾よりも芯の部分に多く含まれています。

肌を美しくする

これは女性にとっても嬉しいですね。ビタミンCには免疫力を高める事以外にも、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用があり、透明感のあるお肌になれます。

ストレスを緩和する

ビタミンCはストレスに対抗するアドレナリンの生成にも関わります。人間の体はストレスにあうと、アドレナリンを生成するためにビタミンCがたくさん消費されます。したがって多くビタミンCを摂取する事でストレスを緩和する事ができるのです。

生活習慣病を予防できる

現代人は生活習慣病に陥る人が多いですね。カリフラワーはMATSという特有の物質が入っていて、強い抗酸化作用があります。この抗酸化力が働く事で脳卒中や心臓病の原因となる動脈硬化や血栓ができるのを予防できます。

カリフラワーとブロッコリーの違い

よく形が似ているカリフラワーとブロッコリーですが、どう違いがあるのでしょうか。カリフラワーもブロッコリーもどちらもキャベツと同じアブラナ科の植物です。

元々野菜であったキャベツの花と蕾の部分が大きくなったものをブロッコリーと呼びます。そしてある時突然変異したブロッコリーを品種改良をしたのがカリフラワーです。カリフラワーの栄養素に関しては理解して頂けましたか?食卓に一品でもカリフラワーの料理が並ぶと栄養も摂れますし、食卓が華やかになるでしょう。